排卵誘発剤の2つの役割

排卵誘発剤の2つの役割

月経不順にも使われる排卵誘発剤。
また黄体機能不全の治療にも使われます。

 

排卵障害の人の治療薬

排卵がなかったり、排卵がしにくい人ような排卵障害がある人に、確実に排卵するように治療のために用います。

 

これらはホルモンの分泌のために起きるので、不足するホルモンを補って、規則的なホルモン分泌のリズムを作ります。

 

体外受精で使う排卵誘発剤

排卵誘発剤のもう一つの利用法は卵子の数を増やして妊娠の可能性を高めることです。
通常の月経では排卵するのは1個の卵子です。
しかし、体外受精では質の高い卵子をたくさん育てて採卵するために排卵誘発剤を使うのです。

 

排卵誘発剤は錠剤と注射がある

飲み薬

飲み薬は脳に働きかけるため穏やかな効き目です。
脳に働きかけるため、卵巣に卵(FSH)を分泌するように指令します。
多胎妊娠率は5%と言われています。

 

クロミフェン

月経開始3〜5日目から、1日1〜2錠を5日間服用。
排卵誘発効果が高く、使用すると、妊娠率が上がります

シクロフェニル

月経開始5日目から、1日3〜6錠を5〜10日間服用。
排卵誘発効果は弱めです。

 

注射

卵巣に直接働きかけ強く作用します。
それは注射薬は卵巣に直接、FSHや黄体化ホルモンを送り込むためで、
主に体外受精で複数の卵子を育てるときに使用します。
多胎妊娠率は20%と言われています。

 

hMG

FSHに黄体化ホルモンを含む薬です。
月経開始5日間ごろから、5〜10日間使用します。

FSH

黄体化ホルモンを含まない薬です。
月経開始5日間ごろから、5〜10日間使用します。
卵巣に作用して卵胞を成熟させます。

自分で注射できるペン型タイプ

体外受精で連日、病院で受診するのが大変な場合はペン型タイプがあります。
通院の負担を軽減できます。

 

タイミング法や人工授精で使う排卵誘発剤

飲み薬は注射より、効き目が穏やかです。
そこで、排卵障害の人は飲み薬から始めて行きます。
効き目が見られなかったら、注射に切り替えです。

 

また、もともと排卵している人も最初は薬から始め、
頸管粘液の減少や子宮内膜が薄くなった場合には注射に切り替えします。

 

月経5日目:飲み薬をスタート

1日1錠5日間続ける

月経9日目:超音波検査

超音波検査をして、子宮内膜や卵胞数を確認。
子宮内膜などの状態によってはhMG注射をする場合があります。

月経14日目:タイミング法や人工授精

タイミング法や人工授精をします。
その後、黄体ホルモンを補充することもあります。

 

体外受精や顕微授精で使う排卵誘発剤

採卵のため、多くの成熟卵を育てます。
1回の採卵で複数の成熟卵がとれるように、多くの卵を育てる目的で使用します。
薬の種類や量は人によって違いますが、連日投与して、排卵を抑える薬も併用します。

 

卵を育てる

注射や飲み薬を使って、卵を育てます。

排卵時期をコントロール

排卵を抑える薬や排卵を起こす薬で時期をコントロールします。

採卵

採卵して、体外受精や顕微授精を行います。

 

 

費用の目安

 

タイミング法を含め、ここまでの費用は、約2000円〜2万円位
卵胞チェックや尿検査で排卵時期を決めるだけなら、2,000円〜3,000円程度です。
しかし、排卵誘発剤を使用すると1万円を超える場合があります。

 

超音波検査は保険適用になります。しかし、一か月の回数が決まっているため、
回数が規定より多いと、高額になる場合があります。


 

次は人工授精のステップと概算費用


関連ページ

一般的なタイミング法
タイミング法は卵子と精子が出逢いやすいように、できるだけ正しい排卵日を見極めます。排卵の時期を推測して、そのころに合わせて性交して自然妊娠を待ちます。
人工授精は簡単?
人工という言葉に「えっ?」と思うかも知れませんが、人工授精は医療の手助けは少しで、自然妊娠と変わらないものです。
体外受精・顕微授精
今や出産する30人に一人が体外受精や顕微授精で出産しており特別な治療ではありません。ただ、時間も費用もかかり、女性の身体の負担もありますので夫婦で話し合う必要がありますね。