タイミング法は自然妊娠を望む方法

タイミング法は自然妊娠を望む方法

タイミング法は、排卵の時期を推測して、より正確な排卵時期を知り、自然妊娠を望む方法です。

 

自己流でタイミングを見るのもよいですが、間違って覚えてたりするのを防ぐためには病院で指導してもらうのが一番です。


タイミング法のやり方

基礎体温をつける

まず、基礎体温を付けておきます。
これにより、月経の周期、排卵の有無、ホルモン状態の確認をします。

内診・経膣超音波検査

病院では超音波を使って、子宮や卵巣、卵胞の大きさを計測します。

再度、経膣超音波検査

排卵日ごろに来院して、卵胞チェックをします。

排卵日予測検査

ホルモン状態などを含め、総合的に診断し、性交のスケジュールを決めます。

 

排卵日は約2〜5日

排卵日は大体2〜5日間なので、どうしてもその日でなければダメということではありません。

 

タイミング法に向かないケース

  • フーナーテストが悪い場合
  • 男性不妊の場合
  • 卵管や卵管際に癒着や閉塞がある場合
  • 子宮筋腫や子宮内膜症などがある場合
  • 子宮の奇形の場合

こうした場合は、それぞれの症状に応じた治療をしたり、人工授精や体外受精に移行するのが一般的です。

 

フーナーテスト

フーナーテストとは、性交した後に受診して、子宮頚管粘液の中にある精子の状態を見る検査。性交渉をしてから12時間以内に検査をして、子宮頚管から粘液を採取して顕微鏡で調べます。

 

タイミング法と一緒に排卵誘発剤を使うことも

排卵が少ない、自力で排卵しないケースもあります。
そういった場合、排卵誘発剤を使用する場合があります。

 

排卵誘発剤は月経不順でもよく使われる身近な薬です。
昔は排卵誘発剤を飲むと、6つ子が生まれたりといった話がありました。
でも、現在では超音波検査により卵胞の数や大きさをチェックしながら量を調節したり、
組み合わせを変えることで副作用を回避できます。

 

次は妊活のための排卵誘発剤には2種類ある


関連ページ

排卵誘発剤を使うと?
排卵誘発剤は排卵がなかった場合に確実に排卵させるようにする不妊治療と、卵の数を増やして妊娠の可能性を高めることです。月経不順の治療でも使われているので身近な薬とも言えます。
人工授精は簡単?
人工という言葉に「えっ?」と思うかも知れませんが、人工授精は医療の手助けは少しで、自然妊娠と変わらないものです。
体外受精・顕微授精
今や出産する30人に一人が体外受精や顕微授精で出産しており特別な治療ではありません。ただ、時間も費用もかかり、女性の身体の負担もありますので夫婦で話し合う必要がありますね。