淋病感染症 検査キット 価格ランキング

淋病の菌は暖かくて湿った処で発育するため、女性では「子宮頸管」「子宮」「卵管」に棲息し、 他には男性・女性ともに「尿道」「口腔」「咽頭」「目」「肛門」です。

淋病に感染すると女性では骨盤内炎症性疾患になり、不妊症や子宮外妊娠を引き起こします。

また、男性では、痛みを伴った精巣上体炎となり、精子が作られないという障害が出る可能性もあります。


kensa.bizの淋病検査
女性のkensa.bizの淋病検査 淋菌という病原体は生殖管の中で非常によく繁殖します。
淋菌の持つ炎症の強い組織破壊性は、卵管の内腔を癒着させたり閉塞させたりします。
遺伝子核酸増幅法であるSDA法は淋病検査で感度・特異性が優っています。
この検査でわかること
  ●淋菌の有無、遺伝子核酸増幅法SDA法
検査に必要なもの

  「膣ぬぐい液」(おりもの)

検査費用

  4,120円(税込)、送料:全国一律700円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

KENNSA.BIZの詳細

男性用
男性のkensa.bizの淋病検査 淋病(淋菌感染症)は、今も昔も男性に多い性感染症(性病)です。
放置すると、自分の精子をも破壊してしまう場合があります。
この検査でわかること
  ●淋菌、遺伝子核酸増幅法SDA法
検査に必要なもの

  「尿」

検査費用

  4,120円(税込)、送料:全国一律700円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

KENNSA.BIZの詳細
のど 検査
喉のkensa.bizの淋病検査 この咽頭の淋菌の遺伝子核酸増幅法はSDA法であり、 咽頭に常在する髄膜炎菌との間に交差反応が生じない優れた方法といえます。
この検査でわかること
  ●淋菌、SDA法
検査に必要なもの

  「咽頭ぬぐい液」

検査費用

  4,120円(税込)、送料:全国一律700円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

KENNSA.BIZの詳細
健康バスケットのクラミジア・淋病検査

女性が淋菌・クラミジアに感染すると、症状がないことが多く、その女性のパートナーの男性が感染症と診断され、わかる場合もあるほどです。

尿道、直腸、子宮頸部から検体を採取したくない人も検査できます。

この検査でわかること
  ●DNA検査によりクラミジア・淋菌の有無を検査
検査に必要なもの

  「尿」

検査費用

  8,563円(税込)、送料:無料
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

健康バスケットの詳細

関連ページ

カンジダ郵送検査
カンジダ菌が増殖すると強いかゆみがあったり白いおりものが増えたりします。女性だけではなく性交渉の相手も検査を受ける必要があるのです。しかし、各社マチマチなので価格や検査内容を比較してみましょう。
トリコモナス郵送検査
トリコモナスは性交渉による感染症の一種で、まれにお風呂場やトイレの便座からも感染します。人によって症状の現れないことも多いので定期的な検査で感染の有無を検査する必要がありますが、検査キットの価格はどこが安いのでしょうか?
梅毒郵送検査キット
梅毒に感染すると、最初は感染部位に発疹、潰瘍ができ、段階的に症状が進行し最終的には心臓や脳に障害がおきます。重症化しないうちに検査を受けたほうがいい病気。では、自宅で出来る検査キットの価格はどこが安いのでしょうか?
クラミジア郵送検査
クラミジアは2002年度をピークに減少に転じていますが、男性では尿道炎・精巣上体炎、女性では子宮頚管炎や卵管炎まれに腹膜炎を引き起こします。最近では医学も進歩し、少しの検体で確実に診断できます。自宅で検査しましょう。検査キットが安いのはどこか価格を比較してみました。
HIVエイズ郵送検査
日本での新規HIV感染者数は確実に伸び続けています。感染後2〜3週間後に感染の有無を検査することができます。早期診断と治療を開始することが大切で、まず検査です。検査キットの価格はどこが安いのでしょうか?