梅毒 検査キット 価格ランキング

梅毒の症状

  • 初期症状: 赤く痛みのない小円形のしこりができ腫瘍化
  • 3ヵ月経過すると : 太ももリンパの腫れ、体の一部か全身に発疹
  • 3年経過すると: 筋肉が麻痺、脳や神経・脊髄が侵され人格の変化、感覚の麻痺・神経障害

梅毒は重症化しないうちに治療をすれば、完治する病気なので、検査を受けて感染の有無を確認することが必要です。

感染の可能性があった日から4週間以上経過しないと検査はできません。 


健康バスケットの梅毒検査
この検査でわかること
  ●TPHA定性を検査
検査に必要なもの

  「血液」

検査費用

  3,601円(税込)、送料:420円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

健康バスケットの詳細

kensa.bizの梅毒検査T.p法
女性のkensa.bizのカンジダ菌検査 本来、正確な梅毒の検査は「梅毒血清学的検査」「梅毒抗原」と、
2つ以上の検査を組み合わせて、病期を判断するのが一般的
しかし、簡便法でTPHA単独による感染スクリーニングを検査
この検査でわかること
  ●TPHA定性を検査
検査に必要なもの

  「血液」

検査費用

  3,600円(税込)、送料:全国一律700円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

KENNSA.BIZの詳細

関連ページ

カンジダ郵送検査
カンジダ菌が増殖すると強いかゆみがあったり白いおりものが増えたりします。女性だけではなく性交渉の相手も検査を受ける必要があるのです。しかし、各社マチマチなので価格や検査内容を比較してみましょう。
トリコモナス郵送検査
トリコモナスは性交渉による感染症の一種で、まれにお風呂場やトイレの便座からも感染します。人によって症状の現れないことも多いので定期的な検査で感染の有無を検査する必要がありますが、検査キットの価格はどこが安いのでしょうか?
クラミジア郵送検査
クラミジアは2002年度をピークに減少に転じていますが、男性では尿道炎・精巣上体炎、女性では子宮頚管炎や卵管炎まれに腹膜炎を引き起こします。最近では医学も進歩し、少しの検体で確実に診断できます。自宅で検査しましょう。検査キットが安いのはどこか価格を比較してみました。
淋病 郵送検査キット
淋病を自覚せずに放置すると、男性も女性も取り返しのつかないことになる可能性があります。血液や関節が異常をきたすことになり、特に女性は骨盤内炎症性疾患(PID)の原因となります。是非、検査すべきです。検査キットが安いのはどこか価格を比較してみました。
HIVエイズ郵送検査
日本での新規HIV感染者数は確実に伸び続けています。感染後2〜3週間後に感染の有無を検査することができます。早期診断と治療を開始することが大切で、まず検査です。検査キットの価格はどこが安いのでしょうか?