大腸ガン検査キット 価格ランキング

大腸がんの発症は60歳から70歳がピークですが、現在は若年化が進んで、
トップの胃がんに発症率、死亡率、どちらも迫る勢いで増加しているのです。

大腸がんは、早期発見できれば、大腸がんは高い確率で治りますが、
初期の頃は自覚症状がほとんどないのです。そのため、定期的な検査が必要です。
特に、便秘になりがちの人は、積極的に大腸がんの検査を受けましょう。

健康バスケットの大腸がん検査
tf大腸がん検査(1日法)
tf大腸がん検査(1日法)
この検査でわかること
  この検査では、便中に血液が混在しているかどうかを、
  血液の成分(ヘモグロビン、トランスフェリン)を検査
検査に必要なもの

  「便」(1日分)

検査費用

  2,839円(税込)、送料:420円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

tf大腸がん検査(2日法)
胃がん検査(ペプシノゲン)
この検査でわかること
  ●二日分の便を使用し、より精度の高い検査を行います。
検査に必要なもの

  「便」(2日分)

検査費用

  3,271円(税込)、送料:420円、
  代引き手数料:324円(代引きの場合)

健康バスケットの詳細

kensa.bizの大腸がん検査キット
kensa.bizの基本のがん(4種類) 検査セット 便の中にある血液の成分(ヘモグロビン)を検査します。
この検査でわかること
  ●便中の血液成分(ヘモグロビン)の検査
検査に必要なもの

  「血液」、「便」

検査費用

  4,120円(税込)、送料:全国一律700円、
  代引き手数料:無料

KENNSA.BIZの詳細

関連ページ

男性ガン総合検査キット
男性ガン総合郵送検査キットを購入しようと調べてみて気がついたことがあります。もちろん値段もバラバラですが検査項目や提出するものも違いました。そこでランキング形式にして比べてみました。
女性ガン総合検査キット
女性ガン総合郵送検査キットを購入しようと調べてみて気がついたことがあります。もちろん価格もバラバラですが検査項目や提出するものも違いました。そこでランキング形式にして比べてみました。
がんリスクチェッカー
がんリスクチェッカーはどちらかというと女性向け、基本がんセットは男女兼用で使える検査キットです。がんリスクチェッカーがけっこう人気なようです。しかし、店舗によって値段もバラバラです。それに検査項目や提出するものも違います。そこでランキング形式にして比べてみました。
胃ガン郵送検査キット
胃ガン郵送検査キットには尿や血中にあるヘリコバクター・ピロリ菌抗体があるかどうかを調べるものと、萎縮性胃炎を発見するため血液中のペプシノゲン濃度を測定するものがあります。ランキング形式にして比べてみました。
肺がん検査キット
肺がんは男性の死亡原因の1位。その理由は「発見しにくいこと」「肺は呼吸をする重要な臓器のため全部摘出して治療をすることができない」ことからです。しかし、早期発見で生存率がかなり高まるのです。
前立腺がん郵送検査キット
前立腺がんは前立腺液(精液の一部)を分泌する場所にできるガンです。発見できれば治癒率が高いガンでもあります。早期発見が難しいため、予防には検査が有効です。
子宮頸部がん郵送検査
日本の子宮がんの約80%が子宮頸がんです。初期の子宮頸がんは早期に発見すると高い確率で治ります。しかし、自覚症状がないため、予防には定期的な検査が必要です。検査ではがんに進行する前の状態の発見も可能です。