遺伝子で才能は決まるか?

遺伝子で才能は決まるか?

最近では子供の適正を遺伝子で調べるというサービスも出ています。
この検査で、学習の潜在能力や音楽、絵画、ダンス、運動能力の潜在能力がわかると言われています。

 

親としては、子供の才能を知り、個性に向いた方向に進めてあげたいと思うものです。

 

才能遺伝子5-HTT

 

才能遺伝子検査に関しては、ひとつの遺伝子が色々な評価に使われています。
5-HTTという遺伝子などは、神経の働きに関係しており、気質や感情への作用が研究によって明らかにされています。
具体的には、内向性、執着力、楽観性、コミュケーション力、美的感覚の判定に使われています。

 

例えば、記憶するという行為を考えてみましょう。
まず、記憶するために、集中力や理解力を使い、記憶を脳に入力する能力が必要なのです。

 

さらに、今度は、記憶したものを引き出す力が必要になります。
この能力がなければ、記憶しているとは言えないのです。
タンスにしまった洋服を出せなければ意味がないのと同じです。

 

このように、記憶という一つの能力でも、多数の能力を使っており、たった一つの遺伝子だけで判定するというのは無理があります。

 

音楽の才能だったら

 

音楽の才能があるかと思ったとき、
聴覚の遺伝子・記憶力の遺伝子・注意力の遺伝子・チャレンジ精神の遺伝子・執着力の遺伝子・関心の高さの遺伝子を調べる必要があります。

 

このうちの聴覚に関わる遺伝子でも、様々あるのです。
1つだけの遺伝子を調べても、聴覚全体の良し悪しが判定できるものでもないのです。

 

実際、どの遺伝子が音楽によい影響があるのかは、科学的に明らかになっていないのです。

 

絵画の才能を調べるなら

 

絵画の潜在能力があるかどうかについては、色覚異常に関する遺伝子を調べます。
色覚異常の遺伝子に変異がないとなると、次のように判定を組み立てます。

 

「色を見分ける力は絵画芸術ではとても重要」

「色を見分ける力が高い」

「芸術分野で大きな成果を収める可能性がある」

 

たった色覚異常の遺伝子に変異がないという事実です。
この色覚異常の遺伝子は男性は一つしか持っておらず、女性は二つ持っているのです。
二つあれば、一つに変異があっても色覚異常にはならないのです。

 

そのため、色覚異常は男性が女性より多いのですが、絵画の才能も女性のほうが高いとは思えないですね。

 

遺伝子検査で才能を見分けるなら

 

遺伝子検査で才能を見分けるなら、すべてを鵜呑みにしてはいけません。
特に才能に関しては、元々持っている才能と、後からの環境や、出逢いによる気づきとか、色々な要素が絡んできます。

 

遺伝子的には才能ありだとしても、本人が好きではないという場合もあります。
くれぐれも注意して、検査をしてください。

 

 

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

両親の劣性遺伝子
遺伝の形式には優性遺伝と劣性遺伝があります。優性遺伝は片方の親から遺伝し、劣性遺伝は両方の親から遺伝したことをいいます。特に両親が近親婚や同じ集落出身の場合、子供は遺伝病になる可能性が高くなります。
DNA検査と遺伝子検査
犯人を特定する遺体の身元検査に必要になるDNA検査は広く知られていますが、病気を調べる遺伝子検査とはまったく検査方法から違うものです。
遺伝子疾患
実は遺伝子検査では遺伝子疾患に関してすべて必ずわかるというものではないのです。血液や組織など、どの材料を使うのかという検査方法や解析方法でもわかる内容が変わってきます。
肥満関連遺伝子
肥満関連遺伝子が続々解明されています。倹約型の遺伝子を持つ人と消費型の遺伝子を持つ人では1日の基礎代謝量が違うのです。倹約型の遺伝子を持つ人はより動かないと太ってしまうことになります。